カナダを満喫するツアーに参加しよう~人生観を変える旅へGO~

カナダ

不思議な空気を放つ国

旅行

古代の風景が今尚残されているペルーは、南米に位置する細長い国です。森林が国土の大半を占めており、年間を通して高温多湿という特徴があります。熱帯雨林気候地帯にあたるペルーには様々な人種が生活しており、先住民族の言語も数多く残されている今尚謎に包まれている国です。世界遺産に登録されている10ヶ所は世界でも人気の観光スポットとして知られており、マチュピチュやナスカの地上絵はインカ帝国の歴史を紐解く重要な歴史的遺産として多くの学者を惹きつけています。世界から年間数多くの旅行者が訪れるペルーには、発展を遂げている都市部と歴史的建造物が残る旧市街の対比が不思議な魅力を与えてくれます。首都リマにも歴史の情緒を感じる風景は多く、旧市街にはサン・フランシスコ教会・修道院があります。旅行する際には首都のリマに降り立つことが多いため、クスコやマチュピチュを堪能する前にリマの旧市街を巡る旅行者の姿も多く見ることができます。

ペルーに訪れる旅行者の多くは、世界遺産や豊かな自然の風景を目的としています。ペルーには、マチュピチュやナスカの地上絵のほかにも多くの自然の魅力が残されており、ジャングル地帯にあるロッジの宿泊希望者は後を絶ちません。また、アンデスを望みながらのトレッキングは、世界中のアウトドア好きが訪れる人気ぶりです。また、世界で一番高い場所に存在している湖でもあるチチカカ湖は、神話の話が数多く残される神秘的な場所として女性からの人気も高い場所となっているのです。首都リマを始め、インカ帝国の名残と色濃く残すクスコは、太陽の都と呼ばれるに相応しい場所と言えます。多くの魅力が詰まったペルーは、これからも多くの旅行者を惹きつけてやまないでしょう。